この7つが出来れば君も道具使いマスター!

前回のバージョンアップで

魔法系の特技に修正が入りました。

これは魔法職の方々にとっては本当に待ち望んでいた修正だったと思います。

特にマジックバリアに関しては、1段階で20% 2段階かければ40%ものダメージをカットすることが出来てしまう+範囲バフ という超性能っぷりでした。

それが一気に2段階で25%まで弱体化。

天地雷鳴士(マジックバリアを使える)の追加によって、さらに魔法職は苦しめられてしまうのか…と思っていたのですが どうやらそこは考えてくれていたようですね。

そしてこの修正によって、道具使いは環境に向かい風。

占い師や旅芸人に滅法強いとあって、最近爆発的に増えたスーパースターは 風切り時間延長により更に強化。

マジックバリアを失った道具使いは果たしてこの環境舞えるのでしょうか…?

今日の記事は、自分が道具使いの動きを簡単に紹介していきたいと思います。



人気ブログランキング

個人GPでの道具使い

わかりやすい例として「第15回個人グランプリ」について考えていきましょう。

前回圧倒的にマッチング率が高かった構成は

戦士、武闘家、道具使い、レンジャー です。

自分は道具使いで28位でした。

☆まず基本として、出来る限り自分がホルダーをします。

その方がレンジャーのザオラルを活かせる為です。

☆基本的な流れ

開幕、一通りのバフを終えたら 味方戦士が武闘家をマークしてくれます。

そして味方戦士がチャージタックルを打った相手(大体武闘家)にシャイニング等を合わせてポイントを取る

その後は ダークネスショット等を使ってもう1人倒しましょう。

そしてここからは自分がホルダーです。

磁界シールドやメディカル、時にはファランクスまでしっかり使わないと相手の猛攻はとてもじゃないですが耐えられないです。

ポイントが優位な場合、様々なバフを駆使して耐え凌ぐことを優先しましょう。
そしてその間にも相手の武闘家はしっかり処理します。

これが前回個人GPでのおおまかな試合の流れでした。
これらを自然と理解している味方が多い方が間違いなく勝利に近いです。

気を付ける事7つ

そしてここからは道具使いとして特に気を付けないといけないこと7つです。

①レボルスライサーをうまく使う!

道具使いには 盾を持ちながら超火力を出せる最強技「レボルスライサー」があります。

味方が処理出来そうにない武闘家に撃つもよし、耐え凌ぐうちに前に出てきた相手のホルダーに撃つもよし。
この突然出て撃つレボルスライサーによって戦況が大きく変わります。
常に相手の後衛も見ておき、隙あらば積極的に撃ちましょう。(大事なところで当たらなかったらとても悲しい)

②弓を持つ前に会心G!

例え弓を持っている時でも会心ガードだけは切らしてはいけません!

これをしない人が本当に多いです。
会心ガードをしてから弓を持つことを心がけましょう。

③弓を持ちながらバフをするのは基本NG

死にたくなければしっかりブメを持ってバフしましょう!

④ヤリも選択肢に!

もし、開幕からポイントを取れず 自分以外の味方がホルダーをする場合 ヤリを使うことも検討しないと相手を処理しきれない場面もあります。
しかし!!
勘違いしがちですが、こちらが負けている時にヤリは持たない!
勝っている時+自分にポイントが無い場合のみヤリを選択肢に入れましょう。
基本、さみだれづきをしたらすぐに持ち替えです。

⑤一度死んでも投げやりにならない!

ホルダーをしている際、1度死んだからといって、突然ヤリを持ち始める等 投げやりになってしまう人を見かけます。
1度死んでも 残ったポイントを大事にして、もう1度ポイントを丁寧に集め「ホルダー」もしくは「サブホルダー(2番目にポイントを持っている人)」を目指しましょう。

⑥磁界とメディカルはここ!

籠る際、磁界シールドとメディカルデバイスを置く場所は基本ここです

これより後ろに置くという事はあっても、これより前に置くということは基本的にしないです。
改札の戦士はもちろん、しっかり後ろの味方も入れましょう。
ですが、自分のHPが少ない場合や 相手が断空等の範囲技を狙っている場合などは 味方の戦士を無理に入れる必要は無いです。
その場合は後ろの味方だけでも安全に戦えるような位置に置きましょう。

自分がよく野良コロで見る悪い例


これだとかなりの面積を無駄にしてしまっていますね。

※最近では占い師や天地、スーパースターが流行り、改札にかかるように磁界シールド等を置くことがとても難しいです。
そういった場合は無理に置かなくていいと思います。

⑦ベルトは攻撃が大事!

ベルトは基本、攻撃力がついたものがいいです。
レボルスライサーは5倍という脅威の倍率の高さです。
この攻撃で相手の布職をワンパンできるかできないかで物凄い差がうまれます。
しっかりと攻撃を盛れば、僧侶等でも一撃で倒すことが可能です。
個人的にですが 弓光〇%や弓闇〇%のベルトつけるくらいなら、攻撃力14の付いた戦神のベルトを選びます。
道具使い最強のベルトは弓光13%or弓闇13%+攻撃14で間違いないですね。

(自分の使っているベルト↓)

バーニングバードも強化されて強い!!

以上の7点が前回のバトルグランプリ個人戦で気を付けた事であり、道具使いの基礎です。

道具使いはホルダーという重要な役割の為、相手との差が出やすい職業だったと思います。

基本的に個人戦では 相手の同じ職より上手く立ち回る事が勝利への近道です。

今回説明した事は こうして並べて見ると簡単な事に見えますが、いざやってみると出来ていない人がすごく多いです。

強いと有名な方でも、会心ガードをしないで弓を持ち 相手のポイントを取れたものの、その後追ってきた敵の片手戦士にワンパンされるといった光景をよく見ます。

意識するだけでも、自分が落ちる可能性がぐっと下がります。

☆最後に

次回の個人GPで道具使いが強いかは蓋を開けてみないと分かりませんが、天地や占い師の追加により 今現在かなり向かい風な環境なのは確かです。

一昔前の籠り環境の時とは違い、「誰が使ってもある程度強い職業」では無くなっています。

この記事で解説した事は、個人戦だけで無く どこでも使える基本テクニックです!

道具使いは 磁界メディカルにマジバリスクルト、バイキも出来て持てる武器もなかなか恵まれています。

最近でも道具使い入りの構成で大会を優勝したパーティが いくつかあります。

そしてそのうちどれもが僧侶なしのフルアタッカー構成。

道具使いは僧侶無しの構成でも十分活躍出来るポテンシャルを秘めています。

むしろ、固定なら道具使いが苦手とする旅芸人や占い師が大量にいるこの環境では僧侶なしの方が強いまであります。

この機会に道具使いの構成を色々試してみるのもいいかもしれないですね!

↓参考になったらポチってね!

人気ブログランキング

スポンサーリンク
ron2
ron2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ron2